川越城本丸御殿

川越城の歴史

川越城は、扇谷上杉持朝(もちとも)が古河公方足利成氏(しげうじ)に対抗するため、長禄元年(1457)に家臣の太田道真(資清)・道灌(資長)父子に命じて築城したものです。当初の規模は、後の本丸・二の丸を合わせた程度と推定されています。

やがて川越城は、天文6年(1537)後北条氏の占拠するところとなりましたが、同15年(1546)川越城の奪回を図った上杉氏は後北条氏の奇襲に会い、大敗して群馬に逃れ、それ以後、後北条氏の支配が決定的となりました。川越城を掌中に収めた後北条氏は、周辺の旧上杉氏所領を直轄領に組み込むとともに、城代として譜代の重臣大道寺氏を配置しました。

天正18年(1590)、豊臣秀吉の関東攻略に際し、川越城は前田利家に攻められて落城しました。やがて同年8月徳川家康が一族家臣を従えて関東に移るにおよび、重臣を重要な地に配して領国の安定を図りました。川越には酒井重忠が1万石をもって封じられ、ここに川越藩の基礎が成立しました。

寛永16年(1639)に藩主となった松平信綱は川越城の大幅な拡張・整備を行い、近世城郭の形態を整えることとなりました。即ち本丸、二の丸、三の丸等の各曲輪、四つの櫓、十二の門よりなり、総坪数は堀と土塁を除いて4万6千坪となりました。

その後も明治維新に至るまで、幕府の要職にある大名が置かれた川越城は、平成18年(2006)に財団法人日本城郭協会から「日本100名城」の選定を受けました。また平成19年(2007)には築城550年を迎え、市内各地でイベントが行われました。


本丸御殿の歴史

川越城本丸御殿の記録として、もっとも古いものとしては「江戸図屏風」(国立歴史民俗博物館蔵)に描かれた「川越城」部分の描写ということになります。「江戸図屏風」は17世紀後半に描かれた江戸とその周辺での3代将軍家光の事蹟を記したもので、その成立の経緯には諸説ありますが、江戸時代初期の様子を見るうえでは重要な資料です。

江戸図屏風の川越城は本丸と二の丸とされる部分が描かれており、朱塗りの社殿の三芳野神社と馬屋を隔てて向かい合う位置に白壁に囲まれた本丸御殿があり、その下に二の丸の建物群が描かれています。本丸御殿は正面に大きな門があり、9棟以上の建物が配されています。屏風には鷹を腕に留まらせた鷹匠の姿も見えることから、家光が川越周辺で鷹狩をした際に立寄った場面と考えることもできます。このことから、当時の本丸御殿は将軍が川越を来訪した際に滞泊するための「御成御殿」としての性格を示しており、城主の居所は二の丸の建物群であったとすることもできます。

江戸時代後期に成立した「新編武蔵風土記稿」においては、本丸に「今は家作なし」と記されています。家光没後、将軍家の川越来訪はほとんどなくなり、本丸御殿の御成御殿としての役目もなくなったためか、いつしか殿舎は解体され、「家作なし」つまり空き地になったと考えられます。

ところが、江戸時代末の弘化3年(1846)、城主の居所である二の丸御殿が火災によって焼失してしまいました。住居を失った城主は、新たな御殿の建造を空き地であった本丸に求めました。こうして嘉永元年(1848)、時の城主松平斉典(なりつね)によって本丸に新たな御殿が建てられたのです。当時は川越藩の歴史の中でも最大の石高(17万石)を領していた時期であり、本丸御殿は16棟、1025坪の規模を誇っていました。

明治維新を迎えると、川越城は次第に解体されていきましたが、大広間及び玄関部分だけは入間郡役所、煙草工場、中学校校舎などに使用されました。現存する建物は往時と比べ、敷地面積にして8分の1、建坪で6分の1の規模でしかありませんが、3間の大唐破風をはじめとする建物の各部分に武家の威容を感じ取ることができます。日本国内でも本丸御殿が現存している例はきわめてまれで、昭和42年(1967)に埼玉県の指定文化財になりました。

家老詰所は、明治維新後に福岡村(現ふじみ野市)にある星野家に払い下げられていたものを、昭和63年(1988)に復元移築したものです。江戸時代には現在の位置よりも西にあり、他の建物からは独立して土塀に囲まれていました。藩政を支えた家老の居室が残っていることは珍しく、本丸内の日常生活を知る上で貴重な建築です。御殿部分に続き、平成3年(1991)に県指定文化財に追加指定されました。

歴代城主

城主前封地在城年代移封地幕府役職等
酒井重忠三河西尾天正18~慶長6.3.3上野厩橋
酒井忠利駿河田中慶長14.9.23~寛永4.11.14没留守居
酒井忠勝武蔵深谷寛永4.11~寛永11.閏7.6若狭小浜老中
(のち大老)
堀田正盛寛永12.3.1~寛永15.3.8信濃松本老中
松平信綱武蔵忍寛永16.1.5~寛文2.3.16没老中
松平輝綱寛文2.4.18~寛文11.12.12没
松平信輝寛文12.2.9~元禄7.1.7下総古河
柳沢吉保元禄7.1.7~宝永1.12.21甲斐府中大老格
秋元喬知甲斐谷村宝永1.12.25~正徳4.8.14没老中
秋元喬房正徳4.9.29~元文3.9.5没奏者番
秋元喬求元文3.10.28~寛保2.4.3致仕
秋元凉朝寛保2.4.3~明和4.閏9.15出羽山形老中
松平朝矩上野厩橋明和4.閏9.15~明和5.6.10没
松平直恒明和5.7.29~文化7.1.18没
松平直温文化7.3.14~文化13.7.23没
松平斉典文化13.8.27~嘉永3.1.23没
松平典則嘉永3.3.7~嘉永7.8.13致仕
松平直侯嘉永7.8.13~文久1.8.15没
松平直克文久1.12.6~慶応2.10上野前橋政事総裁職
松平康英陸奥棚倉慶応2.10.27~明治2.4.10致仕老中
松平康載明治2.4.10~明治4.7.14廃藩川越藩知事