川越市立博物館
ホーム > 一般用 > 講座・教室・講演会 > なつかしい昭和の自動車

なつかしい昭和の自動車


昭和30〜40年代に活躍した自動車(オート三輪)が博物館に集まります。


愛好家の方々の協力により実施している当イベントも今年で5回目となりました。


今回は、過去最大の14台(予定)の車両が展示され、有名なダイハツのミゼットが7台も集まります。型や発売時期が異なっていますので、外観の微妙な違いを探してみてください。



また、今年は映画「Always 3丁目の夕日’64」に出演した三菱のレオがやってきます!!



さらに、エンジン始動の実演とともに所有者による全体向け車両解説も行います。

イベント終了後には実際に走行して会場を後にする姿もご覧いただけます。



ノスタルジックな雰囲気が漂うオート三輪を見ていると、昭和にタイムスリップしたような気分になります。博物館プレゼンツのタイムスリップ旅行をお楽しみください!



日時
2月10日(日) (降雪時17日(日)に延期)
午前9時 〜 午後3時30分 (雨天の場合規模縮小)
 
開催場所
博物館 エントランスコート(正面入口付近)
 
経費
無料。申し込み等は必要ありません。




※詳細については、こちらこちらをご覧ください。



平成31年1月29日更新