川越市立博物館
ホーム > 一般用 > ミュージアム・ショップ

ミュージアム・ショップ


図録は川越市立博物館受付で販売しています。通信販売をご希望の場合は、下記の3点を同封の上、現金書留で郵送してください。なお、代金等にお間違えのないように充分ご確認ください。

  1. ご希望の図録名、冊数、宛先、宛名及び連絡先を明記したメモ
  2. 図録の定価の合計額(現金または定額小為替)
  3. 合計重量に相当する送料(切手)

【宛先】

〒350-0053

埼玉県川越市郭町2-30-1 川越市立博物館 管理担当


・到着次第、ゆうメールで発送いたします。

・メールでお問い合わせの場合はこちらから。

・過去に開催した展示を振り返る「プレイバック展覧会」はこちらから。

ゆうメールの料金日本郵政グループホームページ

重量 〜150g 〜250g 〜500g 〜1kg 〜2kg 〜3kg
料金 180円 215円 300円 350円 560円 710円

発売中の図録

表紙 タイトル等 発行年
(*再版年)
頁数 定価 重量
蔵・倉・くら―蔵造りと川越の町並みを知ろう―
<内容>
一 江戸の町並み、東京の町並み
二 大火が川越の町並みを変えた
三 蔵をつくる
四 川越のまちづくり
平成29年 72頁
1000円 373g
城下町川越の町人世界
<内容>
一 川越町の成立
二 川越町のしくみ
三 川越町人の肖像
四 川越町人の商業とくらし
平成28年 88頁
1000円 428g
収蔵文書目録(14)
<内容>
幕末期の川越藩主松平周防守家の家臣であった大谷家・梅田家の文書目録と、慶応元年(1865)の松井松平家の家臣の一覧である分限帳(光西寺所蔵)を掲載。
平成28年 92頁 500円 295g
小堀遠州と川越藩主―遠州と酒井忠勝の交流を中心に―
<内容>
第1章 大名茶人 小堀遠州
 第1節 幕府官僚として
 第2節 茶人として
第2章 遠州と川越藩主
 第1節 数寄大名 正盛
 第2節 新たな信綱の一面
 第3節 遠州のよき理解者 忠勝
平成27年 106頁
1200円 520g
妖怪―闇にひそむ不可思議なるもの―
<内容>
零 「妖怪」を科学した人たち
一 「妖怪」の起源
二 「妖怪」あらわる
三 姿をあらわした「妖怪」たち
四 跳梁する「妖怪」たち
五 「幽霊画」の世界
六 川越周辺の「妖怪」
平成27年 72頁
700円 374g
古代入間郡の役所と道
<内容>
第1章 律令国家と古代入間郡
 第1節 入間郡の郡家
 第2節 もう一つの中心−大家郷推定地−
 第3節 入間郡家と武蔵国府・国分寺
第2章 古代の道と入間郡
 第1節 東山道武蔵路
 第2節 伝路・伝馬路と入間郡
第3章 古代文字の世界
平成27年 95頁
1000円 454g
柳澤吉保とその時代−柳沢文庫伝来の品々を中心に−
<内容>
第1章 甲斐源氏の末裔 柳澤吉保
 第1節 柳澤家の由緒
 第2節 吉保の姿
第2章 徳川綱吉と柳澤吉保
第3章 川越藩主 吉保
第4章 和歌と六義園
第5章 吉保活躍期の絵師−時代の優品とゆかりの作品−
第6章 柳澤家の画事−吉里・伊信・淇園−
平成26年 135頁
1500円 623g
絵図で見る川越−空から眺める江戸時代の川越−
<内容>
・広域から見る川越
・市域から見る川越
・さまざまな絵図
・明治期の絵地図
平成26年 80頁
900円 440g
戦国時代の河越−城・城下・村−
<内容>
・中世から近世へ−北条氏から酒井氏時代の河越
・戦の姿
・徳川家康と松平康親−光西寺に伝来する松井松平家文書−
平成25年 94頁
900円 460g
常設展示図録
<内容>
・原始・古代[川越のあけぼの]
・中世[武士の活躍と河越]
・近世[小江戸川越]
・近・現代[近代都市川越の発展]
※平成25年再版 159頁
1500円 510g
川越城本丸御殿保存修理工事報告書
<内容>
・建造物の概要
・事業の概要
・史的調査
・発掘調査
・調査と復元考察
平成25年 131頁
売切れ 540g
新河岸川舟運と川越五河岸のにぎわい
<内容>
・新河岸川の河岸場と舟運の成立
・河岸場のにぎわいと五河岸の成立
・江戸後期の舟運−早船と御用船−
・明治期の舟運とその終焉
平成25年 80頁
クリアファイル付き
800円 390g
譜代大名秋元家と川越藩−川越織物の礎を築いた大名秋元家−
<内容>
・譜代大名秋元家
・日光東照宮と秋元家
・秋元家の川越藩政
・川越地誌の成立
・特産品「川越平」の成立と発展
平成24年 90頁 800円 430g
川越城が知りたい!
<内容>
川越城に関する歴史や発掘調査の成果をまとめた、川越城の総合案内書。
平成24年 32頁 500円 200g
クリアファイル
<内容>
企画展「建築家保岡勝也の軌跡と川越」の関連商品。絵柄は、旧山崎家別邸のステンドグラス。
平成24年 1枚 200円 20g
建築家保岡勝也の軌跡と川越
<内容>
・丸の内オフィス街の構築者
・商業建築の中堅
・住宅作家のパイオニア
・「和洋折衷」の世界−旧山崎家別邸の建築と庭園−
平成24年 80頁 700円 410g
川越城本丸御殿保存修理工事記録DVD
<内容>
平成20年から2年半かけて実施した、川越城本丸御殿保存修理工事の様子を記録したもの。
平成23年 45分 売切れ 110g
名主奥貫友山と寛保2年の大水害
<内容>
・久下戸村と名主奥貫家
・農村の知識人 友山
・友山と寛保2年の大水害
平成23年 80頁 700円 400g
川越城−描かれた城絵図の世界−
<内容>
− ・城絵図に見る川越城の変遷
・『主図合結記』の川越城図
・明治以降の川越城
・失われた景観を求めて−富士見櫓のある風景−
平成23年 82頁 700円 420g
知恵伊豆 信綱−松平信綱と川越藩政−
<内容>
・知恵伊豆 信綱 松平信綱の出自
・老中 信綱
・信綱と島原の乱
・信綱と川越藩政
平成22年 104頁 900円 510g
よみがえる河越館跡
〜国指定史跡河越館跡の発掘―その成果と課題〜

<内容>
・河越氏と河越館
・河越館跡の歴史地理的環境を考える
・河越館跡の発掘とその成果
・河越氏と河越茶
・河越館跡を復元する
平成22年 72頁 700円 360g
川越城本丸御殿の杉戸絵と舩津蘭山
<内容>
川越城本丸御殿の杉戸絵
狩野派絵師、舩津蘭山
平成21年 84頁 800円 420g
太田家文書目録
<内容>
太田氏に寄贈していただいた資料の内、文書資料を中心に収録しています。
平成21年 64頁 500円 270g
諸願成就 だるまさん大集合
<内容>
・だるまの起源と変遷
・埼玉県のだるま
・全国のだるま
・創作だるま
・だるまグッズ
平成21年 72頁 700円 360g
大名行列
<内容>
・大名行列
・松平大和守家の行列
平成20年 88頁 700円 460g
北大路魯山人
世田谷美術館所蔵
塩田コレクション
平成19年 144頁 売切れ 770g
後北条氏と河越城
<内容>
・河越城築城と太田道真・道灌
・後北条氏と河越城
・小田原合戦と河越城
・出土遺物からみた川越城跡
平成22年* 96頁 900円 510g
渡辺刀水収集文書目録
<内容>
川越市立図書館より移管された渡辺刀水収集文書約600点を収録しています。
平成19年 72頁 500円 300g
子どもの世界―祝いと遊び―
<内容>
・祝いの記録
・出産とお宮参り
・初正月の祝い―破魔弓と羽子板
・初節句の祝い―雛人形と五月人形
・子育てとまじない―赤絵と赤物
・子どもと遊び―「川越の四季」屏風の世界
平成19年 72頁 700円 350g
柳沢吉保と風雅の世界 <内容>
・五代将軍綱吉と吉保
・六義園にみる風雅の世界
・吉保をめぐる風雅の人々
・吉保と川越藩政
平成18年 80頁 700円 380g
川越の大絵馬
<内容>
・馬図
・動植物図
・神話・故事・物語図
・武者絵
・旅と参詣図
・職人・土木図
・祭礼図
・ガラス絵馬
平成18年 72頁 700円 360g
中世陶磁への招待
<内容>
・いのりのうつわ
・くらしのうつわ
・風流のうつわ
平成17年 80頁 700円 400g
民間信仰のかたち
―地域と講―

<内容>
・民間信仰と板碑―結衆から講中へ―
・講と石仏−月待供養塔と庚申塔−
・社寺参詣と代参講
平成17年 64頁 600円 290g
入間川合同企画展
「入間川再発見!」

<内容>
・入間川流域の武蔵武士
・中世入間川流域の信仰
平成16年 136頁
900円 540g
刀工 藤枝英義とその時代
<内容>
・古の名刀をめざして―水心子正秀―
・復古刀論の実践者たち―大慶直胤・細川正義―
・当今無類の上手―藤枝英義―
平成16年 82頁 1500円 440g
川越の算額と和算家
<内容>
・和算の歴史
・川越の算額と和算家
平成15年 80頁 700円 450g
はにわは語る
<内容>
・はるかなるハニワ・ロード
・円筒埴輪は語る
・埴輪群像は語る
・埴輪のふるさとを訪ねて
平成15年 60頁 700円 340g
資料でたどる川越市の歩み
<内容>
・川越市の歩み
・川越の都市計画
・川越の商工地図と引札・ちらし
・川越と鉄道
・絵はがきにみる川越アルバム
平成14年 96頁 900円 490g
中世びとの祈りII
<内容>
・板碑について
・板碑の構成
・板碑の変遷
・川越における板碑研究のあゆみ
平成14年 72頁 700円 400g
川越の大山信仰
<内容>
・大山と大山講
・川越の大山信仰
平成13年 80頁 1000円 430g
縄文時代をゆく
<内容>
・よみがえる縄文時代
・遠いむかしの先祖たち
・縄文人のすまい
・森と生きる
・縄文動物園
・生と死と
・縄文土器をつくる
平成13年 58頁 800円 380g
徳川三代の時代と川越
<内容>
・家康・秀忠・家光の遊猟と川越
・川越城下の整備と新田開発
・城下の寺社と奉納の品々
平成12年 84頁 1100円 440g
河越氏と河越館 平成12年 64頁 売切れ 330g
川越の獅子舞
<内容>
・石原の獅子舞
・渋井の獅子舞
・久下戸の獅子舞
・木野目の獅子舞
・並木の獅子舞
・南田島の獅子舞
・小中居の獅子舞
・古谷本郷の獅子舞
・下老袋の獅子舞
・古谷上の獅子舞
・中老袋の獅子舞
・鹿飼の獅子舞
・石田本郷の獅子舞
・福田の獅子舞 他
平成11年 56頁 1100円 320g
中世びとの祈り
<内容>
・祈りのかたち
・川越の中世仏
・古尾谷荘の古仏群
・金工品にこめられた祈り
平成11年 60頁 1000円 340g
黒船来航と川越藩
<内容>
・黒船来航
・川越藩と沿岸警備
・ペリー来航と御台場警備
・川越藩の村々
平成10年 68頁 1100円 390g
近世陶磁への招待
<内容>
・近世陶磁へのまなざし
・城内の近世陶磁
・町場の近世陶磁
平成10年 60頁 1000円 350g
講演集
<内容>
博物館歴史講座の講演記録
・豪農奥貫友山の行動と「思想」
・万葉に見る武藏
平成9年 56頁 300円 140g
川越氷川祭礼の展開 平成9年 112頁 売切れ 590g
町割から都市計画へ 平成16年* 96頁 売切れ 490g
酒井忠勝にみる近世大名の姿
<内容>
・酒井家の歴史
・忠勝と江戸幕府
・藩主のたしなみ
・忠勝の藩政
平成7年 104頁 1000円 510g
川越学事始め
<内容>
・郷土史の源流
・地誌の時代
・考古学事始め
・郷土教育と郷土調査
平成7年 80頁 1100円 310g
三芳野神社の社宝
<内容>
・三芳野神社略誌
・三芳野天神縁起
・三芳野神社の文書
・さまざまな社宝
・松平信綱寄進の宝物
・八幡宮の社宝
・東照宮社殿と三芳野神社社殿
・三芳野神社をめぐる文学
平成5年 78頁 1200円 340g
川越の名刀展
<内容>
・古刀の部
・新刀・新々刀の部
・現代刀の部
・刀装具の部
・甲冑の部
・資料の部
平成4年 108頁 2000円 630g
川越ゆかりの画人たち
川越ゆかりの近代日本画の巨匠

<内容>
・橋本雅邦
・小茂田青樹
平成4年 98頁 2000円 540g
美の先達者たち
鏡にみる日本の美と心

<内容>
・古鏡の世界へ
・鏡の誕生
・王者の鏡
・和鏡の誕生
・いのりの鏡
・羽黒鏡の世界
・埼玉の古鏡
平成3年 96頁 1300円 440g
松平周防守と川越藩
<内容>
・松平周防守家伝来の品々
・松平周防守在城の城絵図
・松平康英と遣欧使節
・幕末の川越藩と家臣団
・松平周防守家の文書
平成7年* 92頁 1000円 390g
川越の指定文化財
<内容>
・絵画
・彫刻
・書籍・典籍・古文書
・工芸品
・歴史資料
・考古資料
・有形民俗文化財
平成2年 94頁 1200円 440g
写真展
<内容>
・蔵造りの町並み
・店舗
・銀行
・官公署
・競馬場
・工場
・米穀市
・織物市場
・鉄道
・新河岸川舟運
・日露戦争凱旋
・明治43年の大洪水
・陸軍特別大演習
・市制施行祝賀
・消防
・市民の暮らし
・学校
・祭礼
・名所・旧跡
平成7年* 92頁 800円 380g
職人絵
<内容>
・職人尽絵(喜多院本)
・職人尽絵(小浜本)
・東北院職人歌合/七十一番職人歌合
・職人絵
・職人歌合帖/三芳野天神縁起 他
平成2年 50頁 900円 230g
三十六歌仙額ブックマーカー(1セット 2枚入り)
<内容>
・大伴家持
・中務
  1セット 300円 10g